脱毛 危険性

脱毛で起こる危険性

脱毛で起こる危険性についてお話します。
脱毛は昔の針脱毛に比べたら今はどちらかというと安心して手軽に出来るものと思われちですが、リスクももちろんあります。レーザーと聞くととても危ないものを肌に当てると思いがちですが、肌を治したりする時にも使われるので、それだけを当てるなら体には何ら問題ありません。

 

けれど、脱毛するということになると毛の内部を破壊するのであり、肌はダメージを受け影響が出ます。脱毛をする人のお肌が強いか弱いか、アレルギーがあるかアトピーがあるか、などにもよるかと思うのですが、基本脱毛は肌にダメージを与えるものなので、色素が沈着してしまったり、乾燥肌になったりするリスクがあります。どうして乾燥肌になってしまうのかというと、毛を抜いてしまうと、今まで毛を伝わってお肌に皮脂を通していくので、皮脂が出にくくなることもあるようです。そして気付いたら毛は処理されたけれど、乾燥肌になってしまったということもあるようです。

 

また、毛はなくなったけれど、汗をかいた時に汗がとどまる場所がなくなり結果汗をたくさんかくようになってしまったとの事もあるようです。また、レーザーも光脱毛も熱を使って脱毛するので、火傷してしまう事には注意が必要です。
太い毛を脱毛するよりも、細い毛を脱毛する時の方が高い熱量を使うことがあるので、細い毛を脱毛するような箇所では、火傷しないように気をつけて施術してもらう人からよく説明してもらって危険を回避してもらうことも大事です。